さて今日は、名古屋のワーク。
その後に内閣府のかたとお逢いします。

何かとっても重要な日になる予感が致します。

一昨日サルジオ学園のシスターに、教会では、三つ叶えてくれるからと言われ、その代わり使命を生きればよと。

僕は、伏流水からの活動で、新しい愛の地球を創らせて下さい。
そして、景子と景子の家族が、愛で包まれるところに運ばれますこと、そして子供たちがやはり愛で包まれるますことをお願いしました。

結局使命とは、《愛》であることは、確かです。
僕なら、伏流水でフルボ酸鉄を復活させて、自我の争いを過ぎ越しした後に、こうやって戦わないで生きれるを、世界に表明して、地球上から自我を追放したいのです。

結局人間は、見た目が変化しないから、オタマジャクシから蛙になってもすぐに戻る。
戻ったことにも気付いていない。

だからシステムを変えるしかないんです。

システムとはベクトル平衡体の四角椎のベクトルを使って生き直すこと。
今は、三角椎を使って生きている。
これがそのまま精神のポールシフトになります。
地球はそもそも四角椎で出来ているのに、人間が三角椎で生きていることで、その人間の活動が地球の向きとあわなくなってきだして、結果人が変わらないなら僕が動いちゃうよが、ポールシフト。

だから人が四角椎の軸で生きれば、僕はきっと地軸がずれないと硬く信じているのです。
というかニビル人の僕は、知っているのです。

ですから最近のワークショップは、宇宙の仕組みと同じ方法で体を動かして行くことをやっていますので、殆どの不思議が解けるのです。

さて、本日の水事情に入ります。

今海水の淡水化が着目されています。
しかしこれには相当なエネルギーが必要です。
百万トンの水を創るのに四百万キロの電気を必要とします。

ですから、人間は愚かです。
さっさと人になって、地球の賢さに委ねる。
その為の御手伝いをする。
それだけで充分です。

簡単です。
冬季灌水で伏流水を創ること。
出来れば雪国も。
そして、ブナの復活。
その為にはそこにかわりばんこに住むシステムを創るしかない。

そしてその出入り自由なコミュニテイーでは、根本から考え直して、実験する。
そもそもこれに何故水が必要かと。

都会にいてももう食料と水は自分で確保して、其が産み出される場所を自分達で守る、自分の役割を一歩越えて、変化を起こしていく。
その受け皿が、宇宙国で創ろうとしている、コミュニテイーなのです。
企業や他国のせいに何時までもしての高みの見物はやめて、一歩踏み出してください。

伏流水サポーターから、シェア出来る山荘、お持ち帰り可能な食材、そして欲しかった学校、保育園、養老院が手にはいるのです。
そこに向かって行けば、必ず水を作り出すことが出来る。
フルボ酸鉄が復活して医食同元に戻れるのです。
無肥料無農薬の遺伝子の種があれば。
其が買うだけで終わる、ペットボトルの水との大きな仕組みの違いです。
どうかこのシステムに一票投じて下さい。

このままでは、侵略は、すぐそこに来ています。
その時に山岡撤収になって、生き方で戦う。
其が過ぎ越しで実践して証明する。
これが日本人に与えられたミッションです。
大変できっと過酷な2016からの五年でしょうが雛形と決められた日本人は、越えることが出来ると決められている。
だからこそ2015までに準備が終わっていなくてはならないのです。

失礼ですが、鈍感で動かなかった人達が、凄い勢いで押し寄せます。
環境避難民です。
中国は尖閣、宮古、沖縄、グアム、ハワイを手にして、アメリカの現在の地位を手にして行こうと考えています。
北朝鮮をうまく操作して、韓国と戦わせる。
そして大平洋を手にするまでは、ロシアと仲良しですが出た後は、中国とロシアとが、戦うでしょう。
ロシアは、大平洋に出るために凍らない港、北海道が欲しいのです。
その時は環境避難民がアジアからも押し寄せるでしょう。

そしてその時インドも派閥の一派で名乗りをあげて、四大大国の争いが一番怖いのです。
尖閣は、プロローグ。北朝鮮の核実験も同じ、竹島を抑えたい韓国も同じ。
そして日本人は殆どそこを知らないでノホホンとしている。
目を覚ましましょう。
その上で、ポジで全く違う方法でいきはじめるのです。





Android携帯からの投稿