*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*

<C#>

DataGridViewのフォーム間をまたがったドラッグ&ドロップ <目次>

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*


「<C#> DataGridViewのフォーム間をまたがったドラッグ&ドロップ」

における総合目次です。





 --- --- --- --- --- --- --- --- ---

はじめに

 --- --- --- --- --- --- --- --- ---


複数のフォームを持つアプリケーションソフトにおいて、それぞれのフォームにデーターグリッドビュー(DataGridView)があるとします。

このようなDataGridViewコントロールで、ドラッグ&ドロップを行なう方法について説明します。

すなわち、フォーム間をまたがって、ドラッグ&ドロップをします。

 

 

 

 

総合の目次

 

本ページを含めた関連事項の総合目次です。

 

<C#> DataGridViewでドラッグ&ドロップ <目次>

http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n234012

 

 

 

 

====================================

目次

====================================


「<C#> DataGridViewのフォーム間をまたがったドラッグ&ドロップ」

における目次です。



 



 

 --- --- --- --- --- --- --- --- ---

<前段階の準備>

DataGridViewの行データーを、別のDataGridViewへドラッグ&ドロップ

 --- --- --- --- --- --- --- --- ---


フォーム間のドラッグ&ドロップに入る前に、同一フォーム内でのDataGridView間でのドラッグ&ドロップを解説しています。

すなわち、DataGridViewコントロールで、ドラッグ&ドロップを行なう方法の基本について説明しています。

 


--------------

 

 

 

 

DataGridViewの行データーを、別のDataGridViewへドラッグ&ドロップ <目次>

 

DataGridViewコントロールで、ドラッグ&ドロップを行なう方法について説明します。

 

http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n234033

 


 

 --- --- --- --- --- --- --- --- ---

一行指定限定にする場合

 --- --- --- --- --- --- --- --- ---


DataGridViewのドラッグ&ドロップにおいて、フォーム間をまたがって、ドラッグ&ドロップを行ないます。
選択行は、一行のみとします。




--------------
 

 

 

 

 

DataGridViewのドラッグ&ドロップにおいて、フォーム間をまたがって、ドラッグ&ドロップをする <一行選択>

 

http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n234801

 

 


 

 --- --- --- --- --- --- --- --- ---

複数行指定に対応させる場合

 --- --- --- --- --- --- --- --- ---


DataGridViewのドラッグ&ドロップにおいて、フォーム間をまたがって、ドラッグ&ドロップを行ないます。
選択行は、複数行の指定が可能なものとします。



 

 

DataGridViewのフォーム間をまたがったドラッグ&ドロップにおいて、複数行指定に対応させる場合 タイプ1

 

DataGridViewのドラッグ&ドロップにおいて、フォーム間をまたがって、ドラッグ&ドロップをします。
選択行は、複数行の指定が可能なものとします。
ドラッグによる複数行指定は、行ヘッダー部でのドラッグだけではなく、セル部でもドラッグ指定を可能とします。

 

http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n234802

 

 

 

DataGridViewのフォーム間をまたがったドラッグ&ドロップにおいて、複数行指定に対応させる場合 タイプ2

 

DataGridViewのドラッグ&ドロップにおいて、フォーム間をまたがって、ドラッグ&ドロップをします。
選択行は、複数行の指定が可能なものとします。
なお、複数行を指定するタイプのため、行選択操作の後に、ドラッグ&ドロップを行なうと言う2段階の操作になります。
ただし、今回のサンプルは、一行選択の場合に限り、ストレートにドラッグ&ドロップを行なえるようになっています(一段階のみの操作)。

 

http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n234803