金山ダム

2018/12/20

8/13、千葉県鴨川市、金山ダムに行ってきました。


f:id:kazu_ma634:20141025174845j:image:w400
アースダム*1。
正面から撮るには立入禁止区域に入らないと行けなそうだったため、仕方なく洪水吐*2を撮った。


f:id:kazu_ma634:20141025174846j:image:w400
f:id:kazu_ma634:20141025174847j:image:w400
ダム湖、金山湖


f:id:kazu_ma634:20141025174848j:image:w400
船代橋
朱色の吊橋。


f:id:kazu_ma634:20141025174849j:image:w400
f:id:kazu_ma634:20141025174850j:image:w400
ここは関東ふれあいの道のコースだったりする。

ここらへんはヤマビルが出るので注意喚起がされている。
あとは心霊スポットとして有名だが、私はヤマビルのほうが怖い。
釣りスポットとしても有名。

*1:おもに土を使って造られたダム、規模は小さく貯水池や調整池として使用されることが多い

*2:洪水に対処するため設けられた放流設備

 10ホールズ・ハーモニカがよく使われるジャンルがフォークとブルーズ。

 


Blowing In The Wind (Live On TV, March 1963)

 

 フォーク界でハーモニカといえば、今年ノーベル賞を獲ったボブ・ディラン。ギターの弾き語りの合間に首から下げたホルダーのハーモニカをプーカプカ。我が国でも吉田拓郎や長渕剛から、19やゆずに至るまで、みーんなこの人から影響を受けていたりして。

 


Little Walters Jump - Little Walter live

 

 変わってブルーズ界のレジェンドは、この小さな楽器でエレキギターやドラムと大音量でタメを張るサウンドを生み出すアンプリファイアド奏法の創始者、リトル・ウォルター。

 

 同じ楽器を使いながらも、音楽性も奏法もサウンドも真逆と言っていいほどの違い。だからってワケじゃありませんが「私もハーモニカ好きなんです」なんて言われると「ん? この人はどっち系だ?」とついつい身構える癖が付いちゃってたりして。同じハーモニカを使ってるからって、ジャンルが違えば奏者も曲名も分からなかったりするもんです。

苅谷剛彦の知的複眼思考法 誰でも持っている創造力のスイッチ (講談社+α文庫)において、「社会科学の方法を完結に著した著作として、もっとも読みやすいもののひとつ」と紹介されているのが、本書、『創造の方法学』だ。
第一刷は1979年、「データカード」「カウンターソーター」など今や聞かなくなった単語が出てくることもあるが、35年経ってもその内容は古びることのない名著だ*1。

創造の方法学 (講談社現代新書)

創造の方法学 (講談社現代新書)

  • 作者: 高根正昭
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1979/09/18
  • メディア: 新書
  • 購入: 49人 クリック: 368回
  • この商品を含むブログ (54件) を見る


苅谷本は「問い」を発見し、展開することを初歩の初歩から非常にわかりやすく解説しているものだが、本書はそのなかの「因果関係」について焦点を当て、問いを立てるときの図式化・モデル化とその検証の手順(の入門編)を詳細に解説しているものといえる。

自然科学の方法を、社会研究にも

ただ単に現象を見て、それを記録するだけでは「記述的」研究にとどまってしまうが、それを「説明的」研究にするには因果関係を見つける必要がある(すなわち「なぜ」という問いを発することだ)。

本書で挙げられている例でいえば、浅い水槽に燃えるローソクを立て、それを逆さにしたフラスコで覆ってみる。するとローソクの焔は消えることが観察できる。この関係を少しばかり翻訳してみればこうなる。すなわちフラスコをかぶせる/かぶせないという「原因」があり、ローソクの焔が消える/消えないという「結果」がおこる。因果関係のモデルにおいて結果は「独立変数 independent variable」、結果は「従属変数 dependent variable」と呼ばれる。独立変数がフラスコをかぶせる(=酸素なし)という値をとれば従属変数は焔が消える(=燃焼なし)という値をとる。独立変数がフラスコをかぶせない(=酸素あり)という値をとれば従属変数は焔が燃え続ける(=燃焼あり)という値をとる。

因果法則とは、独立変数の一定の値が、従属変数の一定の値と関係している状態のことだ。
問いを発する際はこのような因果関係を設定し、そして特にローソクと焔のような自然科学的な実験であれば、それを実験によって検証することが可能であり、かつ必要なことだ。

因果法則を確定するためには次の三つの条件が、満足されなければならないことになる。(1)まず独立変数の変化が、従属変数の変化に先行するという、時間的順序が確立されなければならない。(2)次に両変数間の共編関係を確かめなければならない。(3)そして最後に他の重要な変数が、変化しないという条件を確立しなければならない。
(p. 83)

苅谷本でも触れられているこの3原則が、因果関係設定のキモだ。

今見たような自然科学的な実験であれば、独立変数(原因)が従属変数(結果)に先行し、パラメタ(この関係に影響を与えうる他の要因、たとえば気圧など)の統制も比較的容易である。

一方、世論調査と因果関係の推論方法を組み合わせたサーヴェイ・リサーチなどの数量的方法も、同じような論理を持っている。またもや本書の例になるが、マッカーシーの赤狩りに対する意識調査のケースで考えてみよう。

マッカーシーの赤狩りへの賛否を従属変数(結果)、政治的寛容さを独立変数(原因)とする。この場合因果関係確定の3条件のうち、1と2は満たされる。しかし、3についてはどのように確認すればいいのか。

この場合は、「統制変数」、たとえば「学歴」、を導入する。赤狩りへの賛成反対をそれぞれ学歴の高低で再度集計してみる。そうすると、独立変数の効果が消えてしまう、つまり学歴の高低が政治的寛容さに影響を与える独立変数として働いているため、赤狩りへの賛否と政治的寛容さというのは「偽の関係」であることがわかる。
数量的方法であっても、その根底の論理は、科学的方法そのものなのだ。

また、「質的研究」においても同様だ。
実験的方法とは違って変数間の時間的順序がハッキリしない質的研究の場合でも、社会間の比較をすることで、または時代間の比較をすることで「概念的に変数を操作して、因果関係についての推論を行い、歴史的資料によって、その推論を実証しようとしている」(p. 141)という点で、科学的方法の論理に従っている。

さらには量的研究とは遠いところにあるようなケーススタディ・フィールドワーク・参与観察などについても、科学的方法の論理に従っていることを本書は示す。
ケーススタディなどはある組織・集団に入り込み、通常はわからないその内情を「記述的」に表せることがその特徴だ。ではケーススタディは優れた「記述的」研究で終わるのかというと必ずしもそうではない。ケーススタディの対象は「逸脱行為」が多い。研究者は意識的もしくは無意識的い、社会の正常な行動を基準にして逸脱行動を理解しようとする。また、フィールドワークでは「未開社会」を調査することが多い。この場合研究者は自国や他国の経験を基準にしてこの「未開社会」を見つめる。

ここでも因果関係についての推論、科学的方法の論理が働いていることがわかる。ケーススタディやフィールドワークでは、一方の値しか観察していないようで、自らが経験を通して知っているもう一方の値と比較しながら、因果関係の推論を行っているのだ、という。


ここに来て、質的研究も、ケーススタディも、フィールドワークも、これらはすべて科学的方法の論理に従っているのだ、と本書は示す。
もちろんすべての研究、およびそれが採用する方法論が本書にあげられているものでカバーできるわけではないだろう。しかし、因果関係の推論、科学的方法の論理は非常によく使われる(そして私たちも使う)方法論であり、それゆえ筆者にして

現代の社会において高等教育を受けた人間が、高学歴者として生き残る唯一の道は、科学的方法の訓練を身につける以外にはない
(p. 188)

と言わしめる。

因果関係をどう見出し、そしてそれを検証するには具体的にはどうすればいいのか。
この問いに対して明快かつ簡潔な方法を示してくれる本書は、今まで読み続けられて、そしてこれからも読み続けられるであろう良書だ。


創造の方法学 (講談社現代新書)

創造の方法学 (講談社現代新書)

  • 作者: 高根正昭
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1979/09/18
  • メディア: 新書
  • 購入: 49人 クリック: 368回
  • この商品を含むブログ (54件) を見る

創造の方法学 (講談社現代新書)

創造の方法学 (講談社現代新書)

  • 作者: 高根正昭
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2013/05/17
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る

知的複眼思考法 誰でも持っている創造力のスイッチ (講談社+α文庫)

知的複眼思考法 誰でも持っている創造力のスイッチ (講談社+α文庫)

  • 作者: 苅谷剛彦
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2002/05/20
  • メディア: 文庫
  • 購入: 64人 クリック: 567回
  • この商品を含むブログ (212件) を見る

*1:たぶん読むの3回目くらい

普通の恋愛ものになってしまった…、ような。やっぱり月9といえばこうならないといけないのでしょうね。不器用だけど恋愛初期をがんばってる仁子ちゃんと健一くんもいいけど、やっぱり、彼女の専門を理解してあげられる人じゃないとつきあえないよなぁ〜、というのが本音です。遠慮して虫の話をさけてるのも、最初のうちはういういしくていいだろうけど、長続きはしないような。それより、教授と動物を例えに出しながら楽しそうにしてた仁子ちゃんの方が、やっぱり幸せそうに見えるし。現実もやっぱりそうかもね。もちろん、相手が裏切り行為をするのは論外ですが。

自然館から廊下を歩くシーンは、なつかしさで感動しました。そう、あのボロい廊下にドア! そういえば、もう何年あの学校に行ってないでしょう。毎回のお楽しみシーンです。

不動産業者は大きく二つに分かれます。

 

賃貸と売買です。

ニ派はお互いを憎しみ合い、一族郎党十字架にかけてジェット燃料をくべて燃やしたい

 

なんてことは全く無く、持ちつ持たれつ、お互いが在るからこそ在る、つーといえばかー、稲葉さんと松本さんのような関係です。

 

 

そして今の時期とってもハッピーかつヘルな時期なのが賃貸です。

お客様が引っ越しを最も考える時期がたった今なのです。

街中で ぼーっとしている人がいたら大体引っ越しを考えてます。スーパーで肉をじっと見つめてる主婦の方も引越しのことしか考えてません。ホテルで愛する人が隣で切なそうに見つめてるのは、あなたと引っ越したいと思っています。

 

そんな時期です。

 

 

ですので賃貸業者は仕事がずっと舞い込んでくるこの状況に、お客様への感謝、疲労と達成感によるエクスタシィにずっと包まれています。

 

f:id:basekeibai:20170111154557j:plain

たまんねえぜ

 

 

 

といっても賃貸のみ。売買はいつも通りの仕事量なので、我がスマートな株式会社ベイスにはあまり関係がありません。のんべんだらりといくかげへへぇ

 

 

 

社長「賃貸部門で人足りんらしいから、週3出向な」

 

 

ということで私、野田も週3エクスタシィに包まれています。たまんねえぜ。

 

 

もちろんベイスでも賃貸業を取り扱うことも可能です。

ご相談お待ちしてます。

TEL092-725-7570 FAX092-751-8789 メール base@ia7.itkeeper.ne.jp

株式会社ベイス

HP http://www.fukuoka-base.com/

更新してる人 野田

 

背の高いイケメン だけど 稼ぎの少ない男

背は低くぶっちゃいく だけど 高収入で家庭的な男

 

どちらを選べば 幸せになれるのか

 

長い人生の中で そんな選択を迫られたシーンは 一度もありません。

 

長い長い 人生で どちらを選ぶべきか悩み迷う時は 数知れないと言うのにです・・・

 

長く生きて居ると 目が複雑に悪くなります。

 

遠くも近くも 見えなくなります。

 

遠近両用コンタクトレンズ使っています 

遠くまで 見えるように度数を合わせれば 手元がぼやけ

手元優先 で レンズ度数を合わせば 遠くがぼやけてしまうのです。

 

高価な 遠近両用を使用しているにも関わらず 小さな文字を見るときには 100均の度数の低い老眼鏡を使わなければならない なんとも 大人の目は 厄介です。

 

そんなことならば 価格の安い 遠用コンタクトに変えて 文字を見るときは 100均の度数の高い老眼鏡を使用するべきなのか

 

遠近両用メガネは持っていますが 普段メガネを使いなれていないので 車の運転・・・特に バックするときは レンズの境目が気になり 使い心地が悪いのです。

 

今 私は このまま ちょっと見えにくい両用コンタクトを 高額購入し続けるべきか  価格の安い 遠用レンズに変え 度数の高い100均の老眼鏡を買うべきか 悩んでいるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログに写真を投稿する前にコレに注意!

f:id:masaniisan:20151219155406p:image


さてブログを始めてみて、
写真を載せるときに気をつけるべきこと。

写真のファイルには画像データだけではなく、
位置情報や撮影日時、機材などの情報が載っているそうです。
exifとか言うモノらしいです。
詳しくはググって下さい。

なので、自宅前でどうこう書いて写真投稿することは危険だったりします。
大手ブログサービスだと投稿時に自動で削除してくれるらしいですが。

とにかくiPhoneではこうする

  1. 最初から位置情報を記録しない
  2. 記録していたら削除して投稿
このどちらか。

写真を撮るときの設定はどうなっているか

iPhoneなら
設定→プライバシー→位置情報サービス→カメラ、で確認できます。
「許可しない」だと記録しません。

情報を削除して掲載

exifや位置情報を削除するアプリもたくさんあります。
使ってみたオススメ
まずはコチラ
PhotoCheck

PhotoCheck - 写真の位置・場所を確認&除去

PhotoCheck - 写真の位置・場所を確認&除去

  • UBIK APP.PROJECT
  • 写真/ビデオ
  • 無料

広告が出てきますが、普通に使うにはダウンロードも使用も無料です!

使い方も簡単、写真へのアクセスを求めてくるので許可すると、
f:id:masaniisan:20151219200103p:image
今すぐ確認 で、
位置情報ありのものが何件あるか表示されます

ブログにアップしたい写真を選択
f:id:masaniisan:20151219122817p:image
位置情報を削除したコピーを作成してくれます
f:id:masaniisan:20151219122818p:image
f:id:masaniisan:20151219122823p:image
良い点は、全写真を一括チェック可能
ただし位置情報の削除コピーは一枚ごと。
広告を気にしなければ無料で簡単。

また、位置情報以外にもexifにどんな情報が
含まれているか気になったらこっち
Exift

Exift - 写真の EXIF 情報表示アプリ(旧Loooks)

Exift - 写真の EXIF 情報表示アプリ(旧Loooks)

  • Takahiro Ishihara
  • 写真/ビデオ
  • 無料

これも無料です

右上の➕から写真を選択
f:id:masaniisan:20151219200533p:image
すると、exif情報を見られます
f:id:masaniisan:20151219200608p:image

まとめ

ということで、
写真をアップするときはちょっとだけ
気をつけてみましょう!

f:id:murasakai:20160416225801j:plain

人工知能(AI)が仕事を奪うのはしばしば話題になりますが、AIに関する技術、AIを使う側の人間が得をするようになるのは否定できないでしょう。
AIが登場することでデキる人はよりデキるようになりますし、デキない人は置いてきぼりを食らうだけ。

つまり、AIが登場してもデキる人がさらに結果を出すだけであり、自動化を使って何をするかが重要となるだけです。

デキる人はAIを使う側に回り、今よりもより効率的に作業をこなそうとします。

人を使ったほうがコスパがいいならAIを使わない、自動化して効率やコスパが改善できるならAIを使う。AIに関する技術を教えたりして、専門技術で稼ぐ。

AIが出ても、学習スピードや情報リテラシーがデキるデキないを分けるのは変わりません。

 

目次

  • AIに使われず、使いこなす
    • 教える能力の重要性
    • 教育ができないとAIを使いこなせない
  • 仕事を作るのがデキる人
    • チャンスに敏感になる
  • まとめ
  • あわせて読みたい

 

AIに使われず、使いこなす

AIに使われるようになり、仕事を奪われる。
AIの話題が出ると当然のように話題になることですが、AIを使う側も人間。そうである以上はAIを使う側とAIに使われる側に分かれることとなります。

いくら作業を自動化できるとはいえ、コスパが合わなければ導入はされませんし、導入するとなっても教育の必要性が出てきます。
AIが自動で判断して仕事をこなすといっても、実際にはコスト面や導入面など、あらゆる面で問題が発生することとなるでしょう。政治的な問題が出るのも自明なことです。

AIで作業を奪われるであれば、AIに使われる側、AIを使う・作る側に回ればいいだけの話。仕組みを導入するにあたってはやっていることの教育が必要となりますし、今やっていることをマニュアル化できないと教育そのものができません。

 

教える能力の重要性

AIを使って仕事を自動化するにあたっては、教育することが必要となるわけです。
すなわち仕事をマニュアル化して文章に落とし込み、AIがうまく動くように設定する必要があり、仕組みを言語化できないとAIを使えないわけです。

自分のやっていることをマニュアル化できる人は、AIが出ても使う側に回ることができるでしょう。

逆にやっていることをマニュアル化できないと教える行為そのものがむずかしく、AI相手に教育するのも簡単ではありません。

今でもプログラムを組んで自動化というのはありますが、プログラムを組むにあたっても自分のやっていることを言語や数式に落としこめないとプログラムを組めません。

自分がいつも何をどのようにしていて、どのような判断基準で動いているのか。フィーリングをあてにしていると自動化もむずかしいです。

 

教育ができないとAIを使いこなせない

今現在でもプログラミングで作業の自動化が行われているわけですが、AIが出ても自動化の根本は変わらないでしょう。
教えるのがうまい人はどこをどう自動化したらいいかわかっている一方で、教えるのが苦手な人はやっていることを言語に落とし込めず、自動化もむずかしいです。

自分の仕事を他人に教えられるか。
自分のやっていることを図で説明できるか。

フィーリングで判断することの欠点は、人に教えることができないという点です。
フィーリングでの判断には膨大な量のデータが要りますし、それを自動化しようと思ったら言語化と向き合わなければなりません。

仕事のコツをうまく説明できる人、マニュアル作りが得意な人、仕組みづくりが得意な人。専門的な知識を持っている人以外でも、AIの普及で教育が上手い人が有利になるというのはあります。

 

仕事を作るのがデキる人

AIが登場しても、優秀な人は今までどおり、あるいは今まで以上に結果を出すようになるでしょう。

デキる人は作業を自動化するどころか、仕事を作ったりもできるので、まずます儲けられるようになるのです。

AIで自動化できることを見つけ、自分で自動化してしまい、完成品を売る。
面倒な作業を自動化し、サービスとして利用してもらう。

面倒なことの自動化は現状でもいくらか存在し、会計ソフトのfreeeなんかはその典型です。

普段から儲け話を考えている人にとって、自動化は大きなヒントになるでしょう。
自動化によってどんな仕事を作れるか考え実行し、うまくいけば大儲け。AIはデキる人の味方です。

 

チャンスに敏感になる

自動化されて仕事を奪われたくなければ、奪われる前に仕事を自動化し、自分の手柄にしてしまうべきでしょう。

仕事がなくなって困るのであれば、それより前に自分で仕事を奪ったり、自分で仕事を作れるようになる必要があります。

どんなことを自動化して儲けのネタにできるかは、自分の身の回りのチャンスに敏感になることが重要です。
「この作業、自動化しても問題ないよね」というのを見つけ出し、自動化することができれば得する立場に回れるでしょう。みんなが何の疑いもなく日々作業しているところに、意外なチャンスが転がっていたりするものです。

 

まとめ

デキる人は仕事を作ったりAIで効率化してりし、ますますデキる人になる。
新しい技術が出ても、結局はデキる人とデキない人の差が開くだけです。

AIで自動化がされるなら、その流れに乗るまででしょう。ビビって動かないことのほうがかえって危険で、自分以外の人間に仕事を奪われることにもつながります。
仕事についても奪われる前に奪ってしまえばいいのです。

AIを使う側に回るか、AIに使われたり仕事を奪われたりする立場にされるのか。
どちらになれるかは、マニュアル化能力や教育する能力、さらには現状を疑い変えていく能力が必要になるでしょう。たとえAIといえども、言語化や現状への疑問が大切なのは変わりません。

 

あわせて読みたい

www.murasakai.net

www.murasakai.net

3ヶ月ほど前、2012年5月2日(水)にSendagaya.rbというコミュニティを立ちあげてました。@fukajunさんと一緒にやってます。第1回以外は毎週月曜日に開催してます。

drinkupの話

普段あまり懇親会を開けていないので、先日2012年7月27日(金)にはDrinkupを開催しました。Pizzaと寿司をつまみながらのLT大会、皆さんのご協力のおかげで盛り上がりました(リンク先は当日のtogetter)。


Created with Admarkets flickrSLiDR.

LTは@fukajunさんのWebアプリで順序を決めて行いました。皆さんのLT資料は分かる範囲で載せておくと以下の感じです。

  • Sendagaya.rb Drinkup by @fukajun

  • RailsでPaypal by @icb54615

  • Web制作者のミカタRuby by @kozo002

  • omniauth-scaffoldによるチートTwitterログイン実装 by @shu_0115

  • Rails Apps Composer by @quattro_4

これまでの活動

毎週開催していたので、次回で13回目です。今までのSendagaya.rbのまとめは、githubのmokmok repositoryにもありますが改めて資料を作成しました。今回、私がLTで話したのはこれ。

Sendagayar.rb これまでを振り返ってみる from Naoto Koshikawa

 

今後

当初は、みんなで集まってモクモク作業をすることでモチベーションを高めていたのですが、最近せっかく人が集まっているんだしもう少し話してみようか、ということで気軽に相談出来る居心地の良いコミュニティにしていこうかなと思っています。今までにも相談会のような会はありました。

  • OAuthのクライアント実装の相談
  • RESTfulなURL設計相談
  • backbone.js雑感

また、先日は相談会から発展させた、Railsにおける RESTfulなURL設計 勉強会を開催しました。こちらは好評だったのと後半の相談会が出来なかったので第二回を考えてます。

気軽にmokmokしたり相談してみたり、みんなの前でLTしてみたりしたい方は是非参加して下さい。普段の連絡はFacebookのSendagaya.rbというグループで行なっています。